眼精疲労とマッサージ



 



 

眼精疲労の対策に効果があるのはマッサージです。
ただ、このマッサージは適当にやっても効果は得られません。なので、インターソーシャルで詳しく調べておくことをおすすめします。

 

基本的な対策は眼精疲労にならないようにすることですが、仕事などでパソコンを長時間見続ける人は少なくありません。
そのために定期的なマッサージが必要となるのです。

 

 

眼精疲労とは目を動かすための筋肉に疲れが溜まった状態です。
マッサージはその筋肉をほぐすことで疲労を取り除く効果があるそうです

 

具体的なマッサージの方法を紹介しましょう。
眼精疲労ですから目の周りの筋肉を直接マッサージすると思っている人が少なくありませんが、実は大きな間違いです。

 

 

 

目を動かす筋肉は目の周りだけじゃ危険です。体全体にあるからです。
パソコンの見つめすぎで肩が凝ることは誰でも経験している。

 

つまり、肩凝りを治すことも眼精疲労対策のマッサージと言えるのです。
まずは、こめかみのマッサージです。

 

 

目のツボがあると言われている部分です。 マッサージ効果をすぐに実感できますよ。
人差し指で両方のこめかみを10秒間押さえてください。

 

その後、円を描くようにマッサージしましょう。
1日何回でもできますね。それから目頭のマッサージです。

 

 

 

眉の付け根に近いところを親指と人差し指でつまんでマッサージします。
眼球を押さえないようすることがポイントです。

 

目の周りには、ツボがありますが、詳しい知識を持たない場合に無理にマッサージをすると逆効果になってしまう場合がありますから、注意しておかなければなりません。
マッサージ専門のサロンなどでリラックスしてみてはどうでしょうか。

 

現代人は目を使いすぎているため、眼精疲労が慢性化しています。
それを改善するためにマッサージを受ける人が増えているのです。

 

 

都会では、マッサージ店がありますから、インターネットで検索してみてください。
目の周りだけにしないで、肩や首のマッサージも目の疲れを癒してくれますから、定期的に通う人も少なくないです。

 

仕事をする時にパソコンを使わないことは無理です。眼精疲労の対策をしっかりとやっておくことが大切になります。

 



 



トップへ戻る