目の病気と健康

白内障

人間の眼の中には「水晶体」という組織があり、カメラのレンズのように、外から入ってくる光を屈折させて網膜に届け像を結ぶことで、私たちははっきりと見ることができるようになります。それだけ水晶体は重要な役割を担っているのですが、その水晶体が白く濁ってくる病気が「白内障」です。白内障を発症する原因は、加齢によるもの、糖尿病やアトピー性皮膚炎といった疾患によるもの、ステロイドなどの薬が影響して起こるもの、外...

白内障は、水晶体が白く濁る病気ですが、その状態は、水晶体の細胞の中にあるタンパク質「クリスタリンタンパク」の異常変質が原因で発症します。クリスタリンタンパクは、通常ではとても小さいので、水晶体の働きに効果を与えることはないです。さまざまな原因により、クリスタリンタンパクを構成するアミノ酸がストレスを受けて、異常なSizeに成長することがあるのです。そのため、光が水晶体を通過できなくて眼の奥にまで届...

白内障は、水晶体が濁って眼の中に光が入らなくなるので、症状としては、薄暗く見えるようになる人が多いです。水晶体の濁り方によりは、水晶体の中で光が乱反射を起こすので、まぶしいと感じる人もいます。また、夜暗いところで、照明の明るい街頭や信号などの強い光を見た時に、昼間よりもその光をまぶしく感じることもあるかもしれません。これは、暗い場所では、人間の眼は少しでも多くの光を取り込むために、瞳孔を広く開いた...

代表的な眼の病気には、「白内障」の他に「緑内障」という病気もありました。この2つの病気は、名前に色が使われており、どちらも「内障」という言葉が入っているので、混同されたり誤解されたりすることがあります。白内障も緑内障も全く別の病気です。それでは、この2つの病気の違いについて紹介します。・白内障白内障は、眼の中の「水晶体」というレンズの役割を担う部分が“白く”濁ってくる病気です。「白内障」という名前...

白内障の手術は短時間で終わり、入院の必要もなくすぐに自宅に帰れることがほとんどです。しかし、完全に傷口が閉じていない状態で注意事項を守らないと、細菌が眼の中に入り込んでしまう恐れがあるのです。白内障の手術を受けた場合、術後1ヶ月間は最悪を想定してチェックしなければならないことがあるので、医師の指示従って守ってください。それでは、白内障手術を受けた当日から1ヶ月の間に注意してほしいことを取り上げるの...

白内障の手術は、眼の手術なので、「手術後に、どのように眼が見えるか?」「視力はどの程度回復するか?」と、眼の見え方や具体的な視力の数値までチェックしたい方も多い。ただ、白内障の手術を受けた方の感想は別々異なり、「よく見えるようになった」と感じる方もいれば、「あまり視力が回復しない」という方もいるのです。手術前に、どれくらい見えるようになるかシミュレーションできれば安心ですが、今の技術では難しいので...

どんな手術も同じですが、手術を受けることになったら「失敗しないのかな?」ということが一番心配。白内障の手術はポピュラーで、日本では年間多くの人が受けています。眼に行う手術となると、「眼が見えなくなってしまったらどうしよう」などと、最悪の結果だけを想像してしまいました。恐怖心をもたれる方も多い。しかし、白内障の手術の場合、「こうなったら失敗」と判断するのは、かなり難しい問題になります。例えば、「思っ...

白内障手術には、日帰り手術と入院手術があります。その違いがわからない方も多い。それでは、日帰り、入院になるのはズバリどんな感じのものな場合か、別々に向いているのはどのような人か、などについて紹介します。「手術が日帰りでできるなら、入院の準備などのさまざまな面で手間がかからないから、できれば日帰りが良い」という方も多い。その一方で、「日帰りだと、手術後に毎日通院する必要も出てくるから、入院していた方...

白内障の手術後には、術後症状が起こることがあり、稀に、合併症が起こることもありました。「合併症」という言葉は、とても怖いイメージをもつ方も多いと思います。白内障手術においては、比較的、発症しやすく危険度も低い合併症も出てくるんですよね。手術後に起こりやすい合併症につい事前に知っておくことで、手術を受けることになった時も手術が終わった後も、大きな不安を取り除くことができる。また、合併症について理解す...

加齢性白内障は40代から始まっており、初期の段階では、自分で気づくような症状がほとんどないので、全く気付かないうちに進行してしまうことも多いです。しかし、白内障の場合は、早めに対策しておくことで、進行を遅らせたり防いだりすることも可能なので、自分の眼の状態を知っておくことがポイントです。白内障は、活性酸素により水晶体が酸化することが原因で発症します。水晶体の中には、もともと酸化を促進する活性酸素と...

白内障の治療は、現代医学においては手術しかありません。そのため、白内障にかからないように予防することが大切です。白内障は加齢により発症することがほとんどですが、30歳代で発症する人もいますし、80歳代になっても裸眼で十分見える人もいます。この違いは、白内障の予防ができているかに関係しているのです。それでは、白内障を予防するために効果的な生活習慣の見直し方を紹介します。・食生活現代人は、食の欧米化に...

白内障の予防法は、食生活の改善や運動法などさまざまな方法があります。ここでは、「視力アップ押圧」を紹介します。視力アップ押圧を一言でいうと、眼の周りを手の親指で押圧する方法です。「血液循環療法」という治療法の1つで、手の指で患部の“しこり”を押圧して取り除き、滞った血液を改善させます。やり方は、患部のしこりを指で優しく押して圧をかけて、指をパッと離すことで圧を開放します。指で押すことで、周囲にある...

白内障の予防に効果のある栄養素とは、、強い抗酸化作用があり、緑黄色野菜に含まれている「ルテイン」が有名です。また、ルテインと一緒に、抗酸化作用に優れた「ビタミンC」を摂るとより効果的なので、野菜や果物を毎日バランス良く摂取することがポイントです。眼に良いとして広く知られているルテインですが、それ以外にも、白内障予防に効果的な栄養素があるので紹介します。・アスタキサンチン「アスタキサンチン」は、カロ...

白内障を予防するために大切なことに、習慣的に運動を行うことが見つけました。運動は、健康的な肉体づくりには重要ですが、白内障の発症や進行を予防したりするのにも効果的なのです。血液の流れが悪いと、体中にさまざまな病気を招く可能性が高まるので、眼にも不調が起こります。とは言っても実際にガッチリと、白内障にかかった方の眼底の毛細血管を調べてみると、ドロドロとした血液になり、血液の流れが悪い方が多いこともわ...

白内障は人間だけでなく、“犬”も発症します。犬も白内障を発症して進行すると、失明してしまうこともあるので、飼い主さんが大切な愛犬の異変を気づいて、早めに対策を取ることがポイントです。それでは、犬の白内障の症状や対策について紹介します。犬は、人間のように眼で見ながらさまざまな作業を行ったり、何かを真剣に観察したりすることはないです。それに、白内障を発症していて、「少し見にくくなった」「ちょっとおかし...

トップへ戻る