自分でできる眼精疲労の対策

自分でできる眼精疲労の対策

自分でできる眼精疲労の対策



 



 

自分で簡単にできる眼精疲労対策をしょう。すでに実践している人もいるはずです。
眼精疲労とは慢性的な目の疲れを感じる状態ですが、だいたい疲れを癒すことで状況は改善できるのです。

 

一つの対策はマッサージです。こめかみの部分を両手で押さえることで気持ちがよくなるはずです。
目をつぶってゆっくりともみほぐしましょう。

 

 

パソコンを使った仕事を続けていると、どうしても目が疲れてきます。
1時間に1回程度のマッサージをおすすめします。

 

つぼの位置を正確に知っておけば、それが一番効果的ですが何となく気持ちがよくなるなら、それだけでも十分。
インターネットで検索してみると、マッサージの方法が。ヒットします。

 

 

 

現代人の目の疲れはパソコンやスマートフォンを使っている時に生じていますから、それを改善するだけで大きな効果を得られることは当然。
それからサプリメントを服用することも効果が期待可能です。

 

ただ、サプリメントの場合、即効性はありませんし、高齢者を対象としたサプリメントも多いですから、若い人の眼精疲労には効果がないのです。
目を温めたり冷やしたりすることで、目の疲れが取れることは多くの人が感じたことがありますよ。

 

 

昼休みにはスマートフォンでゲームをするのではなく、目を休める時間を確保しておきたいものです。
どのくらい疲れたら休むべきかについては個人差がありますから、一概に判断することはちょっとできないのです。非合法な方法でもあれば違う結果になるでしょうが。

 

ただ、無理をしないことがポイントです。
忙しく働いている時には気づかないこともありますが、一段落した時に肩凝りを感じることが見つけました。

 

 

 

肩が凝った状態で仕事を続けていると、目にも疲れが広がっていきます。
仕事のペースが落ちていきます。

 

眼精疲労をそのままにしておくと、体調不良になっていくのです。
早めに対応することが重要と言えます。

 

 

肩や肘をマッサージする場合には、両手の平を目の前に伸ばして両肘をくっつけます。
その状態で少しだけ上に引き上げます。

 

無理をせずにその状態を30秒程度維持してください。
これだけで肩がすっきりとしてくるはずです。

 

 

 

それから、左肩を右手で右側に引き寄せると同時に鼻を左肩にくっつけるようにしてください。
これで肩凝りをほぐすことができます。

 



 



トップへ戻る