眼精疲労の対策の注意



 



 

眼精疲労と疲れ目は同じだと思っている人が多いので須賀、医学的には区別されています。
疲れ目は一時的に目が疲れた状態であり、それが慢性化したのが眼精疲労です。

 

つまり、頻繁に疲れ目になるようであれば、何らかの対策をしておかないと眼精疲労になってしまうということであり、対策をやっておけば眼精疲労の予防につながるのです。
疲れ目は目を酷使していることからなりますから、適度な休息を取ることが一番の対策と言えます。

 

 

もちろん、仕事上でパソコンやスマートフォンを見る時間が長いと、どうしても疲れてきます。
それでも一定時間ごとに意識的に画面以外のものを見るようにすることをオススメします。

 

また、目を休めるために温めたり冷やしたりすることも気持ちがいいものです。
目だけではなく気持ちをリフレッシュすることがポイントと考えましょう。

 

 

 

サプリメントを服用することで目のカスミが抑えられると言われています。目がかすんだりピントが合わなくなったりした時に無理に凝視しようとすると非常に目が疲れてくるはずです。
高齢になるとどうしても目の力が弱くなります。

 

そのために眼精疲労になりやすくなるのです。
ルテインを含むサプリメントは高齢者向けとして販売されることが多いのですが、若い時から服用しておけば、高齢になっても老眼になりにくくなる。

 

 

もちろん、眼精疲労には個人差がありますから、誰でもが同じように疲れるわけではないのです。
パソコンを見ながら同じ仕事をしているとしても、疲れない人もいるからです。

 

瞳の動かし方や画面のどこを見ているかにより変わってくると考えられています。
疲れ目は自覚症状がありますから、疲れたと思った時には時間を空けるように心がけましょう。

 

 

 

眼鏡と視力が合っていない場合も、目の疲れが速くなります。
定期的に眼科に行き、視力を始めとする目の検査をしてもらうことが大切です。

 

そして、目の状態に合った眼鏡をかけるようにしてください。
眼精疲労の対策は数多くとあります。早めの対応が何よりも大切。

 

簡単に言うと一般的な健康に対する考え方と同じですが、無理をすることで症状が悪化しますから、軽く考えてはいけません。

 



 



トップへ戻る