眼精疲労のセルフチェック



 



 

眼精疲労の状態は漠然としており、客観的に症状を知ることが難しいかもしれません。
眼科で診察を受けた時には自覚症状が亡くなっているケースも見つけました。

 

そこで自分の目の疲れがどのくらいになっているかをセルフチェックすることが大切になります。
具体的な方法について考えてみましょう。

 

 

もちろん、セルフチェックの結果、眼精疲労の可能性があるなら早めの対策が重要となります。
ピントを合わせる機能のセルフチェックは近いところと遠いところを交互に見て、それぞれでピントが合っているかを確認してください。

 

眼鏡をかけている人はその度数に合わせた視力を買う穂できているかを確認します。
目の疲れによりピントを合わせる機能が衰えています。

 

 

 

遠近のピントを合わせようとするために動き筋肉が疲れているのです。
この場合目を閉じて、ゆっくりと首を左右に振りましょう。5秒程度の間隔です。

 

目を閉じてゆっくりと行うことがポイントです。
何もしていない状態で目がぴくぴく痙攣しているならば、間違いなく目の疲れがあるのです。睡眠不足や二日酔いの時に表れやすい。

 

 

ただ、特別な原因に重い当たりがなければ、慢性的な眼精疲労と考えていいでしょう。
目薬を差したり、目を閉じたりすることで症状は緩和されます。

 

睡眠時間を十分に確保していても改善しないのであれば、睡眠の質を考えなければなりません。
睡眠の質とは目覚めた時にどれだけ気持ち良い気分になっているかということです。

 

 

 

目の疲れが取れていないと感じるなら、睡眠の質が悪いと判断できるのです。
気持ちよく眠るためにはある程度の満腹感、疲労感が必要です。

 

布団に入る前にストレッチなどの運動をすることも対策として効果的です。
パソコンの使い過ぎによって眼精疲労が起きることはわかっています。パソコンを使わないというだけでは対策になりません。

 

 

目にとって快適な環境を提供することがポイントとなります。
具体的な方法は人によって違います。目を閉じてリラックスした状況を作ることが一番。

 

仕事中に休憩をすることもいいですね。温かいコーヒーを飲んでリラックスするのです。
空腹感を感じている時にはリラックスしにくくなりますから、ちょっとしたビスケットなどを食べてもいいですね。

 



 



トップへ戻る