難聴リスクと視力低下リスクの共通点


 

難聴リスクと視力低下リスクの共通点は、波長によって細胞が破壊されること。

 

難聴

WHOが世界の若者11億人が、難聴になるリスクが高いと。
理由は、イヤホンやヘッドホンで、大音量の音を聞き手いるから。

イヤホンだと、音の波長によって鼓膜などの細胞が破壊されてしまうから。

 

視力低下

視力検査にでな視力低下って同じ理屈で発生すると考えています。
難聴リスクと同じで、眩しい光を見る時間が長ければ、同じですね。

ブルーライトで網膜にダメージが発生するというのも同じですね。
強い波長なので、網膜の細胞まで破壊してしまう。

理屈的には同じです。

 

対策

報道ステーションでやってたのですが、耳鼻科の先生がでてました。

1時間半で5分は休ませる。
これが難聴を予防するために欲しい休養だそうです。

 

これも目と同じですね。

目の場合は、視力低下、眼精疲労、ドライアイ、加齢黄斑変性、白内障、緑内障、そして失明と症状もたくさんあります。

波長によるダメージによって、体の器官は壊れる。
目疲れと一緒に、ほかの症状もしっかりと予防しましょう。

スマホやパソコンの画面は暗く離れてつかいましょう。