軍用機からの空中散布されているものは・・・


ジオエンジニアリング=地球工学、気候工学
たとえばこういうのですね。

ジオエンジニアリングで気候を操作する手段は主に二つ。CO2除去(CDR)と太陽放射管理(SRM)だ。CO2除去では、生態系を操作し、地球上のバイオマス(植物や大地)や海洋が吸収するCO2の量を増やす。例えば、硫酸鉄を海洋にまくと海藻の成長が促され、光合成で吸収されるCO2の量が増える。また、大気中の一酸化炭素をフィルターにかける「掃除機」の投入も革新的な解決策として期待される。

硫酸鉄を海洋にまくと海藻の成長が促され】のように、自然界の環境から変化するような方法です。

 

そして今回のニュース。

空を飛ぶ軍用機が落としたチャフ(レーダー探知を妨害する金属薄片)です” ジオエンジニアリングによる気象操作のためか5G関連の何かか… 

 

あまりにも確証も根拠があるとは言えませんが、なんらかの理由で何かを散布している。ということは事実だということですね。

まさか畑に水をまくために軍用機なんて使うわけないですから。

タイミング的に5G関係では・・・
なんて憶測も呼びそうですね。