目が疲れないディスプレイ


目薬1滴も使わないWEB屋、桑野一哉です。
不定期に、私の実際の作業環境を投稿しておきます。

 

2019/09/26バージョン

 

テレビや雑誌に登場するような、クールで洗練されているのとは大違いですねw

でも撮影用ではない、リアルに結果を出すための環境です。

何度も説明していますが、画面周りは暗く。
手元は必要に応じた明るさ。

※厚労省のVDTガイドラインでは、「ディスプレイ画面上における照度は500ルクス以下、書類上及びキーボード上における照度は300ルクス以上」

なんかこれだとメッチャジャマな景色っぽいけど、実際にはほとんどディスプレイしか見えていません。

 

理由は2つ。

・視界はほぼ中心しかよく見えない

・画面以外は暗いのでよく見えない。

いわば、見たい画面だけを明るくしているんですね。
かつ、眩しくない明るさで見えるようにしていると。

だから無駄に目が疲れないんです。
ご参考まで♪

 

ちなみみガイドラインが新しくなってた。
【VDT作業における労働衛生管理のためのガイドラインについて(令和元年7月12日 基発0712第3号により廃止)】