水谷隼選手が見えない原因もグレアだった!




卓球メディアのラリーズさんにに、視力に関するとても興味深い記事がありました。

【水谷隼#2】「実は1年間、球がほとんど見えない」深刻な目の症状を告白

 

水谷隼選手

先日、サングラスをするようになった水谷隼選手の話。
この中に、視力に関するとても大切なことが書いてあるので紹介しますね。

記事の内容としては、視力に問題があってイマイチ見えないことが多い。
それでも圧倒的な成績を残せてしまっている。
大丈夫か卓球界!というマジメな卓球のコンテンツでした。

 

水谷隼選手は、この1年球がよく見えないということから、サングラスで話題になりました。

乱視、近視からレーシックなど目のトラブルを抱えているそうなんですね。てか、そんでなんでこんなに勝てるのか!?ってのはおいといて。

 

そもそも白いボールでプレーして、後ろの電光掲示板の広告の色も白やグレーなのでボールが見づらくなるのは当然じゃないですか?

当然です。

 

たとえば家の白いうさぎちゃん。

白いウサギ

 

同じうさぎですけど、背景を変えてみました。
白いウサギの比較

※クリックで拡大

 

卓球の球と思って見るとわかりやすいでしょう。

白いウサギは、背景が白っぽいのと黒っぽいの。
どっちの方が見やすいでしょうか?

白いモノの背景が白っぽかったら、そりゃ見にくいよ。
こういうことですね。

 

 

野球の場合

 

ほかのスポーツの場合、グレア対策を行っています。
代表的なのは、ベースボールですね。

 

バックスクリーン

野球で言えばバックスクリーンが黒いのは、ピッチャーの球がよく見えるようにしているから。 広告もないし、観客もいれませんよね。

 

wikiだと校解説されています。

野球の試合に措いて、打者や捕手、球審などが投手の投げる球を視認
し易い様に、野球場の中堅後方に設置されている領域の事。

つまり、球が白いので背景に白っぽいモノがあるとよく見えない。
これを避けるために対処しているわけですね。

 

フライの落球

野球のあるあるプレイ。
ドーム球場でたまにある、フライの球を見失う。

ナイターの場合は照明のライトでってのもありますよね。

 

デーゲームだって太陽光、空の明るさで見失ったり。

 

イチロー選手の場合。

まぁこれがイチローなんでしょうけど。
解説もこの眩しさでの難しさをクローズアップしています。

サングラスしても、楽に補給!ではないですからね。

 

ライナーを見失うってあまり記憶にありません。
「ショートゴロ!、おっと打球を見失った-!」なんてないのでは。

このことからも、背景が眩しくなるのはパフォーマンスを下げると言えそうです。

 

 

ほかの卓球選手

でも卓球愛が強い専門誌のライターは、ここから突っ込んで取材してくれています。ありがたいことです。

仮に照明が原因であれば、他の選手も同様の悩みを抱えているはずだ。今年の全日本選手権で2年連続3冠を達成した伊藤美誠に話をぶつけたところ「確かに台の真上にライトがあったり、正面に照明があると見えにくくなることがあって、その場合はITTF(国際卓球連盟)に指摘する。あと、目線の先にライトが来ないようにお願いしている。コートの後ろのLED広告はラリー中に変わらなければ大丈夫。ただ白はやめて欲しい」

優勝選手が、「見えにくくなる」、「目線の先にライトが来ないように」、「ただ白はやめて欲しい」とまでコメントしています。

 

でもライターさんは許しません。

「球が消える」ほどではなさそうだ。

最初読んだときに、このライターおかしくない?
って思ったのですが、読み切ると水谷隼選手のすごさ、そして卓球界を本当に心配している前ふりみたいな部分なのです。

 

って、それはいいとして、ここでは視力だけをとりあげますね。

 

グレア

  • 台の真上にライトがあったり
  • 正面に照明があると
  • 目線の先にライト

これってちょっとプロスポーツではあり得ない話です。※こんな環境でやらせるという意味で。

 

たとえばさっきの白いウサギ。
天井の照明が、目の先、正面のLED広告だとすると、こんな感じになります。

逆光の白いうさぎ
完全なグレア状態なので、白いウサギの白さがよくわかりません。

卓球で言えば、広告や周りの照明のが眩しくて球がよく見えない。
卓球は高速ですから、「消える」というのもあり得ると思いますよ。

 

 

卓球のビジネス化

 

たぶん卓球の注目度も商業的な価値もあがって、まだ現場の環境整備ができていないのではないでしょうか。

ライトの配置もずさんですし、映像などのためでしょうけどライトが必要です。 室内ですし、スピードも速いので光量がないと映像が撮れません。

 

さらに広告が増えると、今どきはLED照明なのでまぶしさMAX。
このままでは明るさによって、選手のパフォーマンスを発揮できない可能性が高いです。

せっかくのビジネス化も、日本選手のパフォーマンスが落ちたら人気も落ちてしまいます。人気が落ちたらビジネス化のチャンスも生かせないと思うわけです。

 

ぜひライターさんには、照明環境の整備を訴えて欲しいです。

 

まとめ

水谷隼選手が見えないのは、グレアが原因です。
ほかのスポーツでは対策していますよ。

急激な人気によって、環境整備が追いついていないのでしょう。

 

そして今回の原因、もちろんパソコンやスマホでも同じです。
パソコン画面の先に、西日が入ってくるとかね。

日常生活では支障はなくても、目や脳へのストレスにはなります。
できル範囲で対処するのを、おすすめします。