子どもの視力低下が過去最悪!


スマホで子どもの視力低下が加速

  • 小中高生の視力が過去最悪!
  • 調査は文部科学省の2019年度学校保健統計調査(速報値)
  • 原因と思われるのはスマホ

 

子どもの視力低下がすすんでいる

近距離スマホが視力低下の原因?

「近い距離でスマートフォンの画面を見たり、読書をしたりすることが一定の影響を与えている可能性がある」と分析。

文科省は、視力低下の原因について「明確にはわかっていない」とした上で、「近視の発症を抑える効果がある屋外活動の減少と、スマホなど画面を近くで見る作業が増えている影響ではないか」

ただ本格調査はこれからで、今回のは健康診断で明らかになったこと。

 

2019年度学校保健統計調査であきらかに

全国の幼稚園児と小中高校生(5~17歳)が受けた健康診断の結果から抽出したデータを分析したら、子どもの視力低下が進んでいることが明らかに

裸眼の視力が1.0未満だったのは、小学生が34.57%、中学生が57.47%、高校生が67.64%で、いずれも最悪となった。

アレルギーも増えるも、虫歯など改善している項目もあります。なので子どものすべてが悪くなっているとも言い切れず、やはり症状が増えている項目は問題がありそう。

 

スマホの利用制限が必要かも

とにかくスマホの利用を年齢や時間で制限するなど、家庭での対策が必要かもしれません。

今回の調査ではスマホに断定!というわけでは内のですが、眼科医や目の専門家の意見としても近距離を見続けることで視力低下がおきることはすでにあきらかです。

 

そうは言ってもスマホを手放すのも難しいですよね。でも眼精疲労からドライアイや頭痛なんかにもなるので、日頃から心がける必要がありそうです。