白内障手術の“失敗”について

白内障手術の“失敗”について

白内障手術の“失敗”について

どんな手術も同じですが、手術を受けることになったら「失敗しないのかな?」ということが一番心配。
白内障の手術はポピュラーで、日本では年間多くの人が受けています。眼に行う手術となると、「眼が見えなくなってしまったらどうしよう」などと、最悪の結果だけを想像してしまいました。恐怖心をもたれる方も多い。

 

 

しかし、白内障の手術の場合、「こうなったら失敗」と判断するのは、かなり難しい問題になります。
例えば、「思っていたよりも視力が良くならなかった」ということを“失敗”と捉えるならば、多くの場合で失敗だと判断されることになります。
白内障の手術は、眼内レンズによって、遠視や近視、乱視がもともとあっても、ある程度は矯正することができるのです。
そのため、手術前にはメガネがないと生活できなかった人が、裸眼でも普通に生活できるくらい視力は良くなることもあるんですよね。

 

 

ただし、手術後に近視や乱視が残る可能性もあり、その場合は、見えづらくなったと感じることもある。
それに、白内障の手術が成功したとしても、もともと角膜や網膜に疾患があれば、視力の改善が得られないことも見つけました。

 

 

「優秀な“名医”に手術をしてもらえれば、絶対に大丈夫」という考えている方も多いと思います。その考え方は間違えだと言えます。
執刀医の技量に差があることは確かですが、白内障の手術に携わるのは医師だけじゃなく、その施設内のスタッフが何人も協力して行われるのです。
また、医師が患者さんに対して、治療や手術の内容や目的をよく説明し、理解や納得してもらう「インフォームドコンセント」を行ってくれるかもポイントです。
術後に見えづらさを感じても、事前にそれについての説明を受け理解していれば、不安も取り除けると思います。

 

 

また、手術を受けてから、定期検査をきちんと受け、医師から処方された点眼薬を指示に従って服用するなど、患者さん自身が気をつけることも大事です。
優れた技術をもつ医師やスタッフによる手術でも、その後、患者さんのケアが不十分だと合併症を発症して、視力が回復しないこともあるのです。

 

 

白内障手術の失敗の不安を取り除くためには、疑問や不安があれば医師によく相談して、理解しておくことが大切です。
「あまりよくわからないけど、先生にお願いしておけばいいかな」と医師任せではいけません。
患者さんは、自分の眼が今どんな状態か、どのような感じの手術を受けるのか、その手術にはどのようなメリットやデメリット、リスクがあるのかなどを、納得してから手術を受けるようにしましょう。

トップへ戻る