眼精疲労の原因と対策



 



 

眼精疲労の原因と対策について考えてみましょう。
パソコンやスマートフォンの見過ぎによって目が疲れることは誰でも感じています。

 

しかし、仕事の関係などでその状況を改善することが難しい人が多いため、何らかの対策を考えるというのが賢い判断かもしれません。まずはしっかり調べたいですね。
パソコンを長時間見ていると目が疲れる理由は同じところをじっと見ているからです。

 

 

スマートフォンはもっと狭い部分になります。
したがって、時々遠くを見ることで眼精疲労を押さえることが可能なのです。

 

対策としては決して難しいことではないです。
ただ、眼精疲労になる人が多いのは対策を続けないからです。

 

 

 

ストレッチや体操をすればいいだけなのですが、パソコンやスマートフォンに慣れてしまうと、それが日常的になります。
リフレッシュをする必要性を感じなくなるのです。

 

体は目の疲れを訴えているとしても、自分でそれが普通なのだと思ってしまうの。
近視や遠視は適切なメガネを使用することで状況は改善します。

 

もちろん、眼鏡をはずすとまったく見えなくなりますから、眼鏡のない状況は耐えられないのです。
それと同じ状況を眼精疲労の対策に取り入れることができれば、積極的に対策を続けていける。

 

 

つまり、自分が健康でいたいというモチベーションを高めることができれば、対策は大きな効果を与えることが可能です。
眼精疲労の直接の原因がパソコンやスマートフォンだとわかっていても、その状況を改善できないのは本人の自覚の問題と言ってもいいと思います。

 

眼精疲労から肩凝りや腰痛など全身の症状に広がってしまうこともよく知られていますし、インターネットで検索すれば同じような症状で苦しんでいる人がいることもわかります。
ただ、本人がそれを他人毎に過ぎないと考えているのであれば、いつまで経っても状況は改善しません。

 

日常生活の中でどれくらいの時間、パソコンを見続けているのでしょうか。
とは言っても実際にはそれほど長時間ではございません。

 

 

 

パソコンの画面を見て、その後にデスク上の書類を見て、それから向かい側の席にいる同僚を見るなど、視線は頻繁に移動します。
つまり、じっと同じ場所を見続けているわけではないのです。

 

眼精疲労の対策としてマッサージや体操の効果があることを頭では理解しているとしてもそれが行動に反映しなければ意味がないです。

 



 



トップへ戻る