緑内障の原因

緑内障は徐々に視野が狭くなっていき、最終的には失明してしまう恐ろしい病気です。 残念ながら、現代の医学で治療法はありません。 ただ、進行を遅らせることはできますから、早期発見、早期治療が重要な対応となります。

当然、早期発見のためには自分で眼科の診察を受けることが必要になります。 緑内障の原因として考えられることがいくつかありますから、自分に思い当る点があれば、早目の診察をお勧めします。

中高年女性に多いのが閉塞隅角緑内障です。 眼球の奥行きが短い人がなりやすい傾向にあると言われています。 視力検査で遠視と診断される人です。 ※遠視だから緑内障になる、というわけではありません。

 

発症の統計を取ると40代以上の女性に多いことがわかっています。 そして、身内に緑内障の患者がいると、高い確率で緑内障となります。 つまり、兄弟、親子で緑内障の遺伝があるのです。 

この遺伝については明確な理由はわかっておらず、必ず緑内障になると言うわけでもないのです。

また、強度近視の人も緑内障になるリスクが高いことがわかっています。 近視の場合緑内障の診断自体が難しいと言われています。

緑内障による視野異常もありますが、加齢による視野異常もあるからです。 緑内障になるリスクが高い症状として、頭痛、低血圧、冷えなどもあるようです。 ただ、これらはリスクが高いと言うだけで直接的な原因となっているわけではないです。

わかっていることとしては、緑内障は眼圧が高くなることによって症状が進行します。 つまり、眼圧を抑えることにより進行を遅らせることができるのです。 このため眼圧を下げる薬によって、進行を遅らせることができるんですね。

緑内障の大きな原因は眼圧だということですね。

緑内障-04-緑内障の原因-