反射グレア対策のディスプレイは、たったこれだけでOK

反射グレア対策の具体例

屋根付きディスプレイ

AKIBAヨドバシのディスプレイ売場。ふと目にとまったのがこの屋根付きディスプレイ。 【反射グレアの例】で解説した庇(ひさし)がつけられているんです。

もちろん、画面に余計な光が入らないようにしているから。解説がないのでたぶんですが・・・ まぁ横だけならマイナンバー対策とかで覗き込み防止とかあり得ますが、上にあるということは照明の眩しさ対策ですね。

NECで「正確な色再現のプロ仕様ディスプレイ」と書いてあり、30万円程度の高級品。 ただカタログページなどでは屋根がないので、ヨドバシがつけたのかNECがつけたのかは不明です。

まぁどちらにしても、グレア対策はプロのデザイナーなどでは必須になるでしょうね。 色味などにこだわれば、目に優しいだけじゃなく正確な発色を確認する必要がありますから。

もちろん、屋根をつけることで反射グレアをカットできるので、無駄に視力を使うことなく、照明での眼精疲労を予防できるわけです。 

グレア対策がないと目が疲れる

照明のグレア